「いやしろの住まい」とは

光の道、風の道の設計

日々の日射も風の通りも立派なエネルギーのひとつです。設計上、日射条件を確認し、
陽の光をうまく取り入れたつくりを意識することは省エネにもつながります。
また、風の通り道も同じです。風をうまく取り入れ、逃がす道を設計に活かすことは
非常に大切です。特に夏場においては、風の心地よさを感じられるとよいですよね。

hikari

kaze2

日射は角度や時間、また季節によって大きく変わります。それらを全て計算し、
陽の光をうまく取り入れた設計が大切です。
また、風の道を計算することで、空気のよどんだ場所がない家づくりをしましょう。
風の道が良ければ結露防止にもつながります。

『「いやしろの住まい」とは』Menu
自然素材・省エネ住宅 TOP
地球環境にも優しい天然素材由来の材料
天然無垢材が持つ空気調節機能
光の道、風の道の設計

Return Top UA-22550362-1