「いやしろの住まい」とは

生命の響システム

〜20年来の研究成果による電磁波ノイズ対策〜

未解明な部分が多くあるものの、電磁波について世界的に人体への影響が問題視されています。
さらに、電磁波に囲まれた環境は活性酸素が過剰になると言われています。
一方、私たちの暮らしは電気の恩恵を受けています。
そこで、電磁波とうまく付き合っていく方法として、特に人体に影響を与えるノイズ成分に注目しました。

なぜ電磁波対策が必要なのか?

世界保健機構(WHO)も発がん性の可能性ありとしている電磁波
ren

国立環境 研究所、国立がんセンター、小児がん医療機関などで構成するプロジェクトチームが、小児白血病・小児脳腫瘍を対象に、高圧送電線・配電線・ 変圧器や電化製品等から発生する電磁波(磁場)と発症率の関連を1999年調査に実施。

「その結果、0.4μT(4ミリガウス)で小児白血病のうち急性白血病が4.73倍、 急性白血病と骨髄性白血病が6歳未満で3.35倍、8歳未満で7.25倍、10歳未満で 4.32倍となりました。更に脳腫瘍の発症については10.6倍もの衝撃的な数値が 報告された。 」

しかし、家の中だけでも家電製品や電気配線から出ている電磁波。それを完全に避けるわけにはいきません

これまでの電磁波対策・・
電磁波をはね返すか、さえぎるか
やりすぎると携帯がつながらないような環境になり、現代生活に支障をきたします。

有害性の元であるノイズを除去し電磁波とうまく付き合う環境にする
生命の響システム

ノイズのない電磁波イメージ電磁波の有害成分(ノイズ)を取り除く・・
人間も電磁波を出しています、太陽光も電磁波です。生物の発育に必要不可欠な電磁波もあります。

生命の響システムについての詳しい情報は、下記お問い合わせ(法人様)バナーよりお問い合わせください。

『「いやしろの住まい」とは』Menu
「いやしろの住まい」4つの基本技術 TOP
「いやしろの住まい」4つの基本技術【癒しろ炭埋設】
「いやしろの住まい」4つの基本技術【微粉炭添加基礎工法】
「いやしろの住まい」4つの基本技術【抗酸化吹付工法】
「いやしろの住まい」4つの基本技術【生命の響システム】
お問い合わせ(法人様)資料請求(法人様)

Return Top UA-22550362-1