「いやしろの住まい」とは

経験と科学から導かれた健康快適住宅

「いやしろの住まい」は、
住まい手にとっての健康や快適性を研究し、
全国各地で研究されている先進的な技術を組み合わせ、
人と土地、建物を元気にする住まいです。いやしろの住まい4技術
・土地環境を動植物にとって優良な状態にする「癒しろ炭埋設工法」

・建物を基礎から環境改善する「抗酸化基礎工法」

・室内環境を安全できれいな空気にする「抗酸化吹付工法」

・電磁波の健康影響に対策した「電磁波対策(生命の響システム)」

の抗酸化4技術を使い、住まいを健康で快適な環境にします。

「いやしろの住まい」この4技術を基本とし、それに加えて

・高い温熱性能をもたらす建築材料と正しい施工

・各部位に適切な(自然)素材の採用

・健康快適を研究し導いた設計手法

を重視します。

それにより、

空気がきれいで、
住みながら健康をはぐくみ、
居ながらにして癒され、
安心して快適に過ごせる
健康快適住宅を建てることができます。

現在、全国で5000棟近くの
「いやしろの住まい」が建築され、
多くの住まい手に喜んでいただいております。

なお、「いやしろの住まい」は、
いやし健康増進住宅研究会に所属している、
施工品質にも力を入れている
工務店・ビルダーが設計・施工いたします。

『「いやしろの住まい」とは』Menu
「いやしろの住まい」4つの基本技術
自然素材・省エネ住宅
抗酸化資材 ReN(れん))
日光杉の魅力
長期優良住宅
有識者からの推薦
「いやしろの住まい」評価認定制度
関連図書のご案内
よくあるご質問

Return Top UA-22550362-1