住まい手の声

愛知県・S様

理想の二世帯住宅く

chiba_kubosama

〈 施工会社:アンシン建設工業(株)〉

アンシンのスタッフと偶然に知り合って

私の両親はアンシン建設のことを知っていたようですが、私達は知らなくて、家を建てる計画が持ち上がってからは、ハウスメーカーの展示場などを回っていました。
アンシンさんを知るきっかけになったのは、リフォーム部の上石さんです。以前住んでいたマンションのお隣さんで、はじめは挨拶程度のおつきあいだったのですが、だんだん話をするようになり、アンシン建設に勤めていらっしゃることを知りました。「この人だったら、家づくりのことを何でも相談できそうだな」。そう思うようになった頃、両親の「ハウスメーカーより地元の会社で建てたい」という希望もあって、「それならアンシンさんにお願いしよう」ということになりました。

058

両親の提案通りにして正解でした

今の家がある場所にはもともと平屋が建っていて、私はそこで生まれ育ちました。そのせいか、ずっと階段への憧れがあり、家を建てるなら階段のある家がいいと思っていました。
2世帯だから父母が下で、私達が2階かなと単純に考えていたのですが、父の出してきたアイデアを見て「なるほど、その手があったか」と感心しました。左右に分けて両親は平屋、我々は2階建。あこがれの階段もちゃんとついています(笑)。玄関も何となく2つ要るのでは、と思っていましたが、できてみれば1つの方がずっとよかったです。やはり親の言うことは聞いておくものですね。
両親の居場所と私達の居場所、それぞれデザインも間取りも、全く違いますが、そこはお互いに口を出さないことにしました。生活のリズムも趣味も全く違うので、変に折衷案を出してもうまく行かないだろうという配慮からでしたが、それぞれ居心地のよい空間が造れたと思っています。

103

「何とでもなりますよ」という言葉に励まされて

私と妻が、アンシンさんに頼んでよかったと思っている一番の要因が、私達のしたいことをアンシンのスタッフが聞いてくれ、しかも何を言っても「できません」と言われなかったことです。
私達は「こうしたい」と思っていることが、可能なのか不可能なのかもわからないし、難易度もわかりません。その私達の言うことを全部、真剣に聞いてくれて、「大丈夫、何とでもなりますよ」と言ってもらえるのは、ものすごい安心感でした。
たとえば和室にある障子。「どんなデザインにしたいですか?描いてみてください」と言われ、「こんな感じかな」と描いたものを、素敵な形にしてくれました。そういうことが何度もあって、この家が出来たんです。私達の希望は全部聞いてくれて、しかもそれを咀嚼してさらに素敵なものに変えてくれる。だから、「思った通りの」ではなくて「思った以上の」家ができました。隣に上石さんが住んでいてくれたことに感謝です。これからも家族全員仲良く、にぎやかに暮していきたいと思います。

Return Top UA-22550362-1