いやし健康増進住宅研究会の仕組み

いやし健康増進住宅研究会の仕組み

いやし健康増進住宅研究会の仕組み

いやし健康増進住宅研究会の行動基準

・シックハウス要因等、住環境の健康を害する要素をできる限り除く
・住環境の健康増進、環境改善技術を研究し改善する
・いやしろの住まい環境改善技術を積極的に採用する
・測定を積極的に行っていきデータの収集に努める
・会員工務店との協力関係のもと、住環境改善に努める

いやし健康増進住宅研究会の仕組み

shikumi2

いやし健康増進住宅研究会は、共通の住宅商品を販売する
FC(フランチャイズ)組織ではありません。
会員工務店と本部が共に主体として情報を共有し、真の健康住宅の追求に向けて
研究と実践を続ける”研究会”です。
会員工務店は、地域性やこだわりを活かした特長のある住まいづくりをしていますが、
共通しているのは、住まい手が健康で快適に暮らす事ができる住まいづくり、
特に室内の空気環境に対してこだわりを持っていることです。
それは、単に空気がきれいなだけでなく、そこにいるだけで疲れが取れる、
いわば癒される環境です。
4種の技術組み合わせた健康快適住宅「いやしろの住まい」技術を共通に用い、
お客様に提供しています。

 


リンク

 

 


 
日菱企画のSDGs

 

 

PAGE TOP