抗酸化資材 ReN

抗酸化資材 ReN

空気をきれいに+αする技術

人が摂取している空気の重さは、食事プラス水分の約10倍。

ReN(れん)は、Return Naturalの略語です。空気中の有害化学物質の分解や酸化の抑制、さらに異臭の低減といった効果をもたらすことで、自然回帰したかのような、空気のきれいな住環境を実現するための技術です。

 

ReNとは


ReNは、自然由来の植物抽出物質や、特殊ミネラルその他よりつくられた環境改善資材の総称です。主成分に含まれる植物酵素や、ミネラルの触媒機能、及び反応機能(リアクター機能)により、有害物質の酸化を抑え、還元力で高い効果を発揮します。

 

きれいな住空気環境で健康に暮らす

室内空気汚染
化学物質過敏症の発症原因の半数以上が室内空気汚染です。室内空気汚染による健康への影響は、「シックハウス症候群」、「シックビル症候群」とも呼ばれています。

2003年7月、建築基準法が改正されF☆☆☆☆の建築資材が安全といわれ当たり前のように活用されています。しかし、環境由来の疾患に悩む人は増え続け、化学物質由来の何らかの身体的不調を持っておられる方は、全国で10人に1人以上という説もあります。現在、厚生労働省により13の化学物質についての指針値が定められていますが、それ自体改正が予定されているように安全性が確定されたものにはなっていません。

国の対策は甘いものであると言わざるを得ません。結局、自分の健康は自分で守っていくしかありません。

「ReN(れん)」は、建物の下地材から化学物質を除去し、内装完了後の化学物質にも対応でき、新築だけではなくリフォームにも最適で、有害物質の発生を抑え、たきれいな住環境を創ることができ、健康で快適に暮らすことができます(いやしろの住まいに採用されている技術です)。

 

空気環境を改善するReN資材

IMG_1129抗酸化の最先端技術から誕生した「ReN(れん)」は、4種の資材(下地コート剤、塗壁材、室内用塗料、仕上げ材)により幅広い施工が可能です。

そのためリフォームにも適し、色々な場面でReNを採用することができます。
「いやしろの住まい」技術に「ReN(れん)」を組み合わせ、よりよい住環境づくりに取り組んでいます。

ReNによる様々な効果

主たる効果は、資材の抗酸化力を生かした空気清浄化効果です。具体的には、VOCと呼ばれる有害揮発性有機化合物の減衰効果、防カビ・抗菌効果、トイレのにおいや生活臭などの悪臭低減効果を発揮します。そのほか、ReNコートについては断熱・結露防止効果、調湿効果、防音効果もあります。
ren_kouka

 

第三者機関による検証

ReNウォーターのVOC(揮発性有機化合物)分解力

■ ReNウォーター塗布 ●ブランク
試験者:(一般財団法人)自然エネルギー研究所

VOCの分解による濃度低下をグラフでみたものが上記です。住宅建材で規制もかかっているホルムアルデヒドをはじめとするVOCは、いずれも施工後に濃度が低下し、日数がたつとさらに減衰します(ブランク=ReN未施工)との比較)。これはReNウォーターの酸化還元機能が働き続けていることを意味します。
VOC濃度は計時変化や室内のによって低下はするものの、数日でこれほど劇的に減衰することはありません。ReNウォーターは、VOC濃度を大きく低下させています。

 

採用事例~このような物件にも使われています~

・住居施設(賃貸住宅・社員寮)
・介護施設(デイサービス・老人ホーム)
・医療施設(各種病院・診療所・マサッージ店)
・保育施設(保育園・託児所・幼稚園)
・教育施設(各種学校・学習塾)
・飲食施設(レストラン・カフェ)
・宿泊施設(ホテル・旅館・ペンション)
・商業施設(一般店舗・生花店・ペットショップ等)
・農業施設(農家・畜産業等)
・オフィス (一般事務所・ショールーム等)

など、一般住宅以外で幅広く活用できます。病院や快適性が重視されるような空間に、ReNの技術は様々に使われています。特に、抗酸化効果や消臭の効果を期待してお使いいただくところが多いようです。

 

ReN各ページはこちらから

 

リンク

 

 


 
日菱企画のSDGs

 

 

PAGE TOP