「いやしろの住まい」とは

生命の響システム

〜研究成果による電磁波対策〜

未解明な部分が多くありますが、目に見えない電磁波は、
人体への影響が世界中で問題視されています。

一方、私たちの暮らしは電気の恩恵を受けています。
電気使用量は上がる一方で、
電気に依存しない日常生活を営むことはできません。

そのため、私たちは、
電磁波を否定するというよりも、
悪影響はできるだけ取り除くとともに、
電磁波とうまく付き合っていく方法を研究し、
対策を講じています。

なぜ電磁波対策が必要なのか?

世界保健機構(WHO)も発がん性の可能性あり(2Bランク)としている電磁波
ren

国立環境 研究所、国立がんセンター、小児がん医療機関などで構成するプロジェクトチームが、小児白血病・小児脳腫瘍を対象に、高圧送電線・配電線・ 変圧器や電化製品等から発生する電磁波(磁場)と発症率の関連を1999年調査に実施。

「その結果、0.4μT(4ミリガウス)で小児白血病のうち急性白血病が4.73倍、 急性白血病と骨髄性白血病が6歳未満で3.35倍、8歳未満で7.25倍、10歳未満で 4.32倍となりました。更に脳腫瘍の発症については10.6倍もの衝撃的な数値が 報告された。 」

電磁波の発生源は、家の中だけでも家電製品や電気配線など沢山あります。それを完全に避けるわけにはいきません

これまでの電磁波対策・・
電磁波をはね返すか、さえぎるか
やりすぎると携帯がつながらないような環境になり、現代生活に支障をきたします。

電磁波とうまく付き合える環境を目指す
電磁波対策(生命の響システム)

ノイズのない電磁波イメージ電磁波と共存するための技術・・
主に二階の床下、壁面の一部にオリジナルの正電セラミックシート(炭素埋設で採用する素材を利用した機能紙)を採用し配線の電場対策を行います。さらに、分電盤、継続して大量の電力を使う家電(冷蔵庫・エアコン等)に電磁波過敏症の治療に大きな実績をお持ちの丸山先生開発の技術を採用することで、電磁波対策を万全なものとします。

生命の響システムについての詳しい情報は、下記お問い合わせ(法人様)バナーよりお問い合わせください。

『「いやしろの住まい」とは』Menu
「いやしろの住まい」4つの基本技術 TOP
「いやしろの住まい」4つの基本技術【癒しろ炭埋設】
「いやしろの住まい」4つの基本技術【微粉炭添加基礎工法】
「いやしろの住まい」4つの基本技術【抗酸化吹付工法】
「いやしろの住まい」4つの基本技術【生命の響システム】
お問い合わせ(法人様)資料請求(法人様)

Return Top UA-22550362-1