健康快適長寿でありたい!①

■イギリスの看護師
フローレンス・ナイチンゲール
[健康構造に欠陥のある住宅は健康な人間を害する] 「看護覚え書」より

■ドイツの建築家
ヒューゴー・キューケルハウス
[住まいが人に、その肉体と魂と精神に奉仕しないとすれば一体何のために建てるのか]

病気になる食・住生活をして、病気になり、治療を受ける。
そのためにリスク管理として保険をかける。
個人も困り、国は大きな負担を背負い込む。
こんな馬鹿げたことはない。
また病気でなくても未病・不健康な状態では、人生かなわない。

 

住む人が病気になりやすい病んでいる住宅をつくってはならないし、住んではいけない!!

住む人が健康快適長寿になってほしい!
住宅会社はWell Being実現を目指し、住む人の健康環境をつくるための会社に変身する決意をしてほしい。

そして住む人に優しい温熱環境を大切に、健康を害する材料を排除し、適切な材料を使い、
空気環境を良くするための抗酸化技術を使い、プラン・デザインなど健康快適な条件を整備した
住まいづくりをするように努力してほしい。

「住宅は生命を担保にした家族の幸福の城である」を実現し、顧客と地域に必要な会社になってほしい。

「健康快適長寿でありたい!」コラム一覧に戻る >>>

関連記事

  1. 新年のご挨拶
  2. 住宅・住生活での健康快適を真剣に考えよう!
  3. 生活を改善して健康快適に!
  4. 住・空気環境を変えることで健康快適に!
  5. 健康快適長寿であってほしい!
  6. 食生活と住環境の改善で健康快適に過ごそう!
PAGE TOP