食生活と住環境の改善で健康快適に過ごそう!

食生活と住環境の改善で健康快適に過ごそう!

人間 社会の文明は人間の暮らしを豊かにするはずだったものが、今では多くの人が病み、健康に 不安を抱え、不快な暮らしを余儀なくされるようになっている。その中でも健康に関係する食住生活は見直さなければならない。

現代住宅の問題点

保健学博士の菅原明子先生は、病気の多くの原因が住宅にあるということを説かれていたように、現代住宅環境が健康に悪影響を及ぼしていることは明らかです。性能や素材、酸化しやすい空気質や設計の悪さに代表されるように、様々な問題を抱えています。

 

◉医療費・家計と健康

少子高齢化に伴い、年々増加している国民医療費。食生活や住宅の質を向上させ健康寿命を延ばすことは、医療費の削減をもたらします。
若い世代に負担を増やさないためにも、もちろん自分自身の家計のためにも、
「病気にならないこと=医療費がかからない生活」が良いですね。

◉老後・高齢化と健康

日本は超高齢化社会を迎えています。そのため、平均寿命以上に健康寿命(自立して生活できる年齢)を伸ばすことが、国益にも繋がります。(自立して生活できない年齢を不健康寿命 といい約10年の期間)食・住生活を整え、健康寿命を延ばす健康生活を実現させましょう。

超少子高齢化を迎える日本不健康は自己・社会にとって大きな損失

だからこそ、健康を担う食住環境の改善から世の中を変えていきましょう!

◉統合医療と健康

西洋医学全盛の現代社会において、医療は対処療法に重きがおかれていました。しかし、これからは、「予防」が大事です。
西洋医学一辺倒でなく、東洋医学その他の考えも取り入れた、統合医療が注目されています。

 

message

「健康」とはWHO (世界保健機構)によれば

病気でないとか、弱っていないといことではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること」と定義されている。

現実はむつかしい状態にあるが、この方向も目指していければと思う。住宅に関係する人々は住まう人が元気になる真の健康快適住宅をつくってほしい。

家の空気環境を変え、食事や生活の仕方を変えることが健康を実現してくれます。

健康快適住宅と暮らし方の改善で、皆さんも健康生活を実現してください!

 

「健康快適長寿でありたい!」コラム一覧に戻る >>>

関連記事

  1. 健康快適長寿でありたい!①
  2. 住宅・住生活での健康快適を真剣に考えよう!
  3. 住・空気環境を変えることで健康快適に!
  4. 健康快適長寿であってほしい!
  5. 新年のご挨拶
PAGE TOP